芸能人も愛用のシミトリーが限定価格で26%OFF
詳細はこちら

シミトリーの使い方を徹底解説!効果を引き出すコツ

「シミトリーを効果的に使いたい」と使用方法が気になっているあなたのために情報をまとめました。

シミトリーの使い方と効果を引き出すコツ

シミトリーの基本的な使い方
  • STEP1
    量はさくらんぼ大
    さくらんぼ粒大を目安に手のひらに取ります。手のひらや顔は乾いた状態にしておくのがコツです。
  • STEP2
    顔の5箇所にのせる
    右ほほ、左ほほ、おでこ、鼻先、あごの5箇所にシミトリーをのせます。
  • STEP3
    やさしく伸ばす
    中指と薬指の指先で顔の中心から外側に向かって優しく伸ばします。
  • STEP4
    ハンドプレスで浸透を促す
    最後に手のひら全体で優しく包み込むようにしてハンドプレスしてジェルを肌に浸透させます。

こちらがシミトリーの基本的な使い方です。

乾燥を感じる部分は重ねづけをする

どうしても乾燥してしまう場合はシミトリーを気になる部分に重ねづけしましょう。

そうすることでよりしっかりとした保湿感を得ることができます。

乾燥を感じやすいのは、ターンオーバーの乱れなどによって角質層が厚くなっていて保湿成分などが角層の奥まで浸透していかないからです。

そのため、乾燥を毎回感じてしまう方はピーリングによって余分な角層を除去するのがおすすめです。

スペシャルケアでパックもおすすめ

週に2〜3回ほどスペシャルケアとしていつもより多めにジェルを取り、顔全体になじませて3分ほど置いてから洗い流すパックとしての使い方もおすすめです。

成分が角層の奥まで浸透してよりお肌を滑らかにしてくれます。

冬は手のひらを温めてから塗る

手が冷えた状態でジェルを塗ると顔の肌の温度が下がりめぐりが悪くなることによって皮膚の内部に栄養が供給されにくくなります。

肌のめぐりはキメやバリア機能を支えるのに実は重要な役割を果たしていますので、手を温めてからシミトリーを塗るようにすると効果的です。

シミトリーの使用方法の注意点

お肌は0.02mmとラップ2枚分の厚さしかありません。そのため、ゴシゴシこすったりパンパン叩くようにするのはNGです。

肌にダメージを与えてしまい、肌荒れや乾燥の原因になります。

シミトリーで効果を実感できないのは使い方が原因かも

シミトリーの効果を最大限に発揮できていないため、悪い商品と感じてしまう方も口コミを見ていると少ないですがいらっしゃいます。

ただ、実はそれは正しい使い方をできていないのが原因の可能性が高いです。

シミトリーを3ヶ月使ってみた感想もお届けしていますので、ぜひ一度ご覧になってみて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました