芸能人も愛用のシミトリーが限定価格で26%OFF
詳細はこちら

シミトリーの全成分一覧!1つ1つ化粧品成分上級スペシャリストが解説

シミトリーの全成分が気になっているということは自分にとって相性が悪い成分がないか確認されているのではないでしょうか?

化粧品をイメージで買ってしまう方が多いなかで関心を持たれているのは素晴らしいことだと思います。

この記事ではシミトリーの全成分一覧と化粧品成分上級スペシャリストの立場から1つ1つ成分を簡単に解説した情報をお届けします。

シミトリーの全成分

【有効成分】アルブチン

【その他の成分】フランスカイガンショウ樹皮エキス、ビルベリー葉エキス、3-O-エチルアスコルビン酸、ユキノシタエキス、マロニエエキス、テトラ2-ヘキシルデカン酸アスコルビル、シア脂、カンゾウフラボノイド、N-ステアロイルフィストフィンゴシン、オリブ油、スクワラン、トリイソステリアン酸グリセリン、硬化ナタネ油アルコール、1,2-ペンタンジオール、1,3-ブチレングリコール、精製水、アクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体、カルボキシビニルポリマー、アルギン酸ナトリウム、水素添加大豆リン脂質、天然ビタミンE、水酸化ナトリウム、フェノキシエタノール

こちらがシミトリーの全成分です。

注意点が2つあり、シミトリーは薬用化粧品(医薬部外品)なので通常の化粧品とは表記が違う成分があります。

また、化粧品は含有率1%以上は多い順に表記されますが、医薬部外品は順不同で表記できます。

続いて、成分を1つ1つ簡単に説明していきます。

シミトリーの成分を1つ1つ解説

アルブチン

メラニンの生成を抑えシミやそばかすを防ぐ効果がある美白の有効成分です。別名ではハイドロキノン誘導体とも言われます。

詳しく知りたい方はシミトリーとハイドロキノン誘導体の記事をご覧下さい。

フランスカイガンショウ樹皮エキス

フラバンジェノールのことです。ビタミンCの600倍の抗酸化作用、抗シワなど幅広い作用が試験の結果明らかになっています。

シミトリーの販売会社フォーマルクラインの記事でもう少し詳しくフラバンジェノールについて触れています。

ビルベリー葉エキス

ブルーベリーの一種であるビルベリーの葉から抽出されるエキスです。豊富なポリフェノールが含まれていて肌の調子を整えてくれます。

3-O-エチルアスコルビン酸

ビタミンC誘導体の一種です。抗酸化作用や美白効果が期待されているものの肌に吸収されにくいビタミンCですが、誘導体化することで安定性を高め、角層への浸透性が上がっています。

水に溶けやすい性質を持ちます。

ユキノシタエキス

アルブチンを多く含んでいることで知られています。また、抗炎症作用があります。

マロニエエキス

肌を引き締める作用や抗酸化が期待される成分。

テトラ2-ヘキシルデカン酸アスコルビル

ビタミンC誘導体の1種。油溶性の性質を持ち、コラーゲン生成や皮脂の酸化抑制のサポートが期待されています。安定性が高く、角層への浸透率が高い。

シア脂

油性成分。お肌の保護やジェルの粘度をあげる目的で配合されます。

カンゾウフラボノイド

漢方にも使われれる甘草から抽出した油溶性の成分。抗酸化やメラニンを増やす酵素の働きを抑える。

N-ステアロイルフィストフィンゴシン

セラミド3(NP)のことです。ヒト型セラミドの1種でセラミド3には水分保持とシワ抑制の役割があります。

セラミド自体スキンケアに必須の成分であり、これが含まれているのは評価が高いです。

オリブ油

油性成分。肌になじみやすく酸化しにくいオレイン酸が豊富。乾燥から肌を保護する。

スクワラン

油性成分。人の皮脂にも含まれることから皮膚への浸透性が高く安定性があり、酸化しにくい性質を持つ。水分の蒸発を防いでくれる。

トリイソステリアン酸グリセリン

油性成分。水分蒸発を防ぐエモリエントとしての役割。

硬化ナタネ油アルコール

乳化(水性成分と油性成分を混ざりやすくする)安定の役割やエモリエントの役割。

アルコールとついてますがエタノール(=化粧品で定義されるアルコール)とは別物。

1,2-ペンタンジオール

化粧品ではペンチレングリコールと表記される。水性成分で抗菌性がや保湿作用がある。

1,3-ブチレングリコール

化粧品ではBGと表記される。もっとも多く使われるベース剤の1つで水溶性成分。

保湿効果がありバリア機能改善作用が期待される。また、抗菌性もある。

精製水

化粧品表記では水。水溶性の成分を溶かすためにほとんどの化粧品で一番多く配合される。

アクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体

化粧品では(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマーと表記される。

水溶性のポリマー(高分子で構造が大きいもの)。増粘、乳化と低い濃度でも安定的に効果が出るため、多くの化粧品で使われる。

原料のデータシートでは高い安全性が認められている。

カルボキシビニルポリマー

代表的な増粘剤。化粧品ではカルボマーと表記される。安定性に優れている。

アルギン酸ナトリウム

増粘剤。

水素添加大豆リン脂質

化粧品では水添レシチンと表記される。セラミドと同じラメラ構造を作る性質があり、保湿効果に優れている。

弱いものの乳化作用があり、水性成分と油性成分を混ぜるのを補助する役割がある。

シミトリーのラメラシンクロムに関わってる成分。

天然ビタミンE

抗酸化、化粧品の劣化を防止する作用。

水酸化ナトリウム

増粘剤のカルボマーはアルカリと中和させることで増粘する。

アルカリ性の水酸化ナトリウムと酸性のカルボマーを混ぜて増粘するために配合されている。

フェノキシエタノール

防腐剤。自然にも玉露茶から揮発(常温で蒸発)して大気中に存在する成分。

配合上限が1%と定められているため、範囲内であれば基本的に安全性に問題はない成分とされている。

シミトリーの全成分からは安全性に問題ないと考えられる

シミトリーは成分面からして安全性に特段問題はありません。

美白成分や抗酸化系成分が豊富で、保湿成分の中でも最も重要な成分の1つであるヒト型セラミドを配合しており、成分面で見ても実力が高いオールインワンゲルです。

シミトリーを3ヶ月試した感想はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました